営業時間 ⁄ 10:30~18:30
定休日 ⁄ 毎週火・水曜
TEL ⁄ 076-207-9003

CLOSE

本場フランスの味を金沢にスイーツパティスリー パリのお菓子屋さん ラ・パンテュール

お菓子への想い

HOME>お菓子への想い

Bonjour! フランスからこんにちは

本場パリのお菓子 ×ふるさと金沢 ~金沢とフランスの食文化の融合~

本場パリのお菓子 ×ふるさと金沢 ~金沢とフランスの食文化の融合~

2011年秋、パリに約1年間のお菓子の修行へ。
パリ5区にあるブランジェリー&パティスリーのパティシエールとして働き、
フランス菓子を学びました。
フランスで気づいたことは、生クリームを使用したお菓子が
少ないということでした。
日本では、ほとんどのお菓子に生クリームを多用し、味も曖昧なことが多い。
しかし、フランスでは味がはっきりしているお菓子が好まれることから、
素材の特徴をいかに生かすかが重要になる。
2015年3月、北陸新幹線開業に向けて開発した
金沢市認定の手みやげ『パリ・エ・金澤タルト』は、
素材本来の魅力が伝わるよう、特別な加工はせず仕上げており、
食物繊維が豊富で、健康に配慮したタルトである。
今では当店の看板商品である。
もう一つの看板商品として『マカロン』がある。
金沢は湿度が高く、雨の日が多いことから、
マカロン作りには適さない環境である。湿度が高いと生地が乾燥せず、
膨らみも悪く、良いマカロンが生まれない。
晴れた日の湿度が低い日にしか製造できない、
非常に繊細で技術を要するお菓子である。
マカロン生地に地元石川の食材を取り入れた製法は、当店オリジナルである。
素材本来の美味しさを追求した、
【おしゃれ&健康的な新食感スイーツ!!!】をみなさまにお届けします。

ページの先頭へ

当店のおすすめスイーツ

金沢市認定 
金沢の手みやげ
 

パリ・エ・金澤タルト

パリ・エ・金澤タルト
オンラインショッピングへ

フランスをイメージする食材「ルバーブ」 と、石川県産「五郎島金時」のコラボレーション。
日本では馴染みが薄いが、ヨーロッパではジャムやスイーツによく使われている野菜「ルバーブ」と、石川県産さつまいも「五郎島金時(ごろうじまきんとき)」を組み合わせ、スパイスの効かせたタルト生地にのせて焼き上げました。
甘みと酸味が調和して後を引くおいしさが楽しめます。
金沢の手みやげ紹介ページ

マカロンde番茶

マカロンde番茶
オンラインショッピングへ

マカロンの生地とクリームに加賀棒茶を練り込み、お茶の風味豊かに仕上げました。中央には金箔をあしらい、金沢らしさを添えました。本場フランスサイズのマカロンは食べごたえ充分です。
他にも加賀紅茶、フルーツ(ラズベリー、ピーチなど)のマカロンがあります。

ページの先頭へ